略すと自賠責保険とよばれるものになります

自賠責保険とは正しくは自動車損害賠償責任保険という保険で、略すと自賠責保険とよばれるものになります。

この保険は属に、強制保険とも呼ばれていてクルマを定期車検に通す際は、決まっている車検の期間に効力のある自賠責保険に加入している必要があります。

つまり、すべての車に加入が義務づけられている保険ということです。

ではクルマが自賠責保険に加入したまま売りに出した際にはどうなるでしょうか。

自賠責保険というのは車検時に更新になるというケースが多数あったりしますがもしも自動車損害賠償責任保険に加入した車を売った場合は、保険料が戻ってくるという事例はほとんどないのが普通です。

というのは自賠責保険の効力を一回抹消して、新たな買取相手に移行する作業は結構手間がかかるのです。

ですので自賠責保険は名義変更をした後に自動車と一緒に譲ることが基本です。

しかしながら、それと同等の金額を代金に上乗せしてくれます。

強制保険は自動車税と違い、支払った保険額を月々で割り算した金額が返金されるやり方ではなく見積額に足すという手段がとられるのが一般的ですがこの上乗せが査定票に明記される場合はほぼありません。

ですので、買取の場合は自賠責保険を考慮した額が売却額に入っているかを確認するようにしましょう。

自分で支払った金額がどの程度の額かを頭に入れておけば見逃すことはないです。

それぞれの自賠責保険にかかる額については、契約期間によって違ってくるものなので、注意しましょう。

自動車の乗り換えの際には自賠責保険の名義書き換えをしなければなりません。

仮にこれを忘れていたら保険会社より自分に保険期限の満期の知らせが来ることになります。

売却を検討中のマイカーが多少でも高額で評価されることを応援していますね。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.hogandbull.com All Rights Reserved.