印鑑登録カードを出すだけです

車を売却する際や、さらに車の処分時も印鑑証明という書類がなければなりません。

この印鑑証明という書類に関して説明しましょう。

印鑑証明とは、実印で間違いないという事実を保証する目的を持つ書類です。

この印鑑証明がなければ、その印鑑について実印であるということが裏付けられません。

大金が動く売買になる該当する車の売却なので、どうしても実印が要ることになりますが、その際に印鑑証明書が必要となるのです。

印鑑証明書を交付してもらうには印鑑証明の手続きをしなければなりません。

登録するはんこは通称、実印と言われこの世に一つだけのハンコであることが必須です。

この印鑑を持ってお近くの市役所などの受付に行くことで、印鑑登録できます。

印鑑登録をすれば、印鑑登録カードがもらえて、印鑑登録手続きをしたハンコは実印として使えるようになったということになります。

印鑑証明を交付してもらうには市役所などの窓口へ出向き、印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を埋めて、印鑑登録カードを出すだけです。

それに自動交付機を使って交付することができます。

印鑑証明そのものには期限切れなどはありません。

ですから、いつの印鑑証明であっても証明書としての効力は持続することになります。

ただ中古車売却の時は必要になるのは3ヶ月以内に交付されたものとされています。

ほとんどの場合有効期限などはないですが愛車の買取のときには、買い取り先が必須となる有効期限を設定していますので、中古車の買い取り予定の車があるとしたら手放す前に準備しておく必要があります。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.hogandbull.com All Rights Reserved.