www.hogandbull.com

FX(外国為替証拠金取引)の投資をする上でのターゲットは各国の通貨なのです。流通貨幣について勉学で培ってみようと思います。・通貨の単位には「基軸通貨」とよばれているものがあります。基軸通貨の意味は国ごとの間の決済において金融の取引において重視して利用される流通貨幣のことを言いますが今日ではアメリカドルになります。往時は英ポンドが基軸通貨でしたが、終戦後はアメリカドルになるに至ります。・FXを活用して流通している公式貨幣の種類に関しては、他で言う外貨の投資に比べてみてすごく頻繁というのが特徴です。FX業者により、扱う貨幣の種類に関しては、違っているのですが一般的には20種類前後ある様子です。流動性が大きくなっている貨幣をメジャー通貨と称します。変動が高い数値が表すことは、売買がたくさんやられているという事であり、公式貨幣の売買がたやすいという事を意味します。主流の貨幣には上記にてお伝えした基軸の通貨と呼ばれる$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)、¥(日本円)¥(円)、EUROの3種の貨幣がございまして、世界の3大通貨称されています。英ポンド、カナダドルなどが準メジャー通貨と称されております。これら貨幣以外の流動性が低い通貨に関してはマイナー通貨と言われて相対的経済力が弱い国での通貨で、南アフリカランドやシンガポールドル、ポーランドズロチ、トルコリラなどが主流の通貨については、行き渡りしておるレベルが多量ですので値の乱調が一定水準で、情報量もたくさんあるとのことです。マイナー通貨においては、利息が高額な通貨という事が多いので、値の変動が大きいとの事らしいです。価格の起伏がすごいいう事について多大な利益を受け取るタイミングがありますがチャンスがある分好ましくない結果の可能性も大きくて冒険でしょう。それと同時に変動が低い貨幣であるからしてかたを付けを望む時に限って決済が及ばないと考えられる事があるので気をつけましょう。どの通貨を選び出すのかは、個別の通貨の特性を注意深く検討してから取り組む事は重要であると思われます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.hogandbull.com All Rights Reserved.