www.hogandbull.com

現実にノートPCの前に座り、変化している相場を見てしまうと理由無くエントリーをしたいという思いが沸き起こる場面も多いです。だがしかし、不確かな感覚でトレードすることだけは、間違ってもしてはいけません知っての通り、外国為替相場は年中常にどこかの国で外国為替市場は開かれているし為替レートもいかなる時でも上がったり下がったりします。だからといって、何回も取引を積み重ねるとそれだけで損失を被る率が高くなります。当然の事ながら、売買の数を経験することによって、少しずつ勝ち負けの確率が50%、50%になるのは事実。しかしこの事実は「はっきりしない思いつきで注文」してしまうこととは別の話だ。売買回数を積む事の意味は、自分自身が「ここは!」と感じた機会を得られたうえでのエントリー回数を重ねるという意味である。特段の理由も無く、休む間もなく売買を重ねるのとは違う。為替相場の駆け引きに立ち向かうためには白分でよく考えて緩急をつけることが肝心です。「ここがチャンス」と思えた外国為替相場の時には、迷うことなく保持ポジションを積み増して、思い切り儲けを狙います。「分かりにくい外国為替相場で、どう上下するのか読めないな」と感じた時は、持っているポジションをすべて閉じて静観します。このぐらいのけじめをつけた方が、最後にはエントリーは勝てます。市場の金言には「休むも相場」というものがある。まさにその通りです。FXとは、何も常に売買ポジションを所持する事が全部ではなく、どのポジションも持たずにじっと見ていることも状況によっては、相場です。それでは、どういう場面で休めばよいのだろうか。ひとつめは、前述したように、これから先の市場が具体的に判断できない時です。そこからドル高になるのか、ドル安になるのかが決断できない時は考え無しで行動すると、自身の思い描いた物語とは異なった方向に市場が動いてしまい損失を被る事になります。こういった場面ではポジションを整理して、そのまま何もしないで静観しているのがいいでしょう。もうひとつは、あなたのコンディションがよくない時です。体の調子と為替相場につながりがない思う人もいますが実際には考えている以上に関係あります。体の調子があまりよくなければ外国為替相場の肝心な局面で必要不可欠な判断ができない。やる気がわかない時は、市場から遠ざかる事も肝心な事です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.hogandbull.com All Rights Reserved.