www.hogandbull.com

とうとう売買する時という場面では何よりも準備を手抜きしてはいけません。トレードを行う前であるとすればその物を冷静に見つめる事ができる余裕があります。だけれども、いっぺん相場の内部へ立ち入ってしまうと、どうあがいても受け取り方が客観性を欠くものになってしまいがちで、時には適切な判断が分からなくなるリスクがあります。そのために自らの精神が落ち着いているうちにちゃんとした事前準備をしておくことが大事です。この準備とは、最初は己のシナリオを考える事からスタートします。これからの投資環境はこうなるだろうから、この通貨を売買するといった自分のシナリオを立てていくのだ。次にチャートを調べましょう。過去の為替レートの動きを見て現時点での相場を見ます。そうすれば、「今のところなかなか高いレベルになっている」そうでなければ「多くの人がエントリーしているから今から自分か取引しても今さらやりようがない」ということが理解できます。言うまでも無くもはや売買するのが遅いと感じたら、仕かけないで、それはすっぱりと吹っ切ることが大切です。無理に自分のストーリー展開を貫いて、割り切らずに取引すると市場に跳ね返されてしまい、逆に損をすることになる可能性があります。そうは言っても大体の場合準備万端の自分のシナリオを作っているとすれば売り(または買い)がやりようがないという状況にはなりません。リアルにマーケットが上げ下げする前のはずだからです。その次にまずはあなたがエントリーしようとする外貨ポジションの推移を、きちっとチェックすることが大事です。もしも、ドル高が進むという筋書きを作ったのであればドルの上げ下げに用心しておきます。マーケットの変化を注意を払い始めた状況ではドルは大きく動く兆しを見せることはなく、上がったり下がったり細かい上げ下げをしているだけでしょう。だが、その変動をちゃんとチェックしていると、あるポイントで着実にドル高へと外国為替市場が向い始めます。ここでやっとドル円のエントリーします。普通、ここまで注意深く計画を考えておけばそのエントリーで稼げる割合は大きくなります。
Copyright © 1999 www.hogandbull.com All Rights Reserved.