www.hogandbull.com

外国為替証拠金取引をはじめたばかりの方が為替相場の肝心なところを探すためには最初に実戦を繰り返すことが大切である。とりわけ、あらかじめ危機を気付くようになるようになるには失敗を積むことも大事です。とは言うものの、マイナスになるといっても、致命的な間違いをしてはいけない。やり直せるぐらいの損を何回か経験することが、結果として自分自身のレベルを上げてくれます。この考えではまず最初は少ない資金で取引を行い取り返しが付くマイナスを経験することが大切です。ひとつの例として、100万円だけしか投資する余裕が無い状況でよく考えずに一円も残さないで投資して注文すると間違えた時永久に再起できなくなってしまう危険性があります。そのため、一例として10%ずつ小分けしてトレードを行ないここで買ったり負けたりを積み重ねた方が、所徐にマイナスを埋め合わせる手段なども身についていくはずである。わずかなお金で取引する事の良い点は、先に言及したように、自分の経験を増やし、間違いを管理する手段を学んでいく事にありますが、それと同時に、エントリーの回数を多くしてリスクを減らせるというメリットもあります。1度限りのトレードで勝率が5割だとしよう。この場合、等しい確率で損が生じる危険性もあるということになります。勝率50%ということは2回に1回の割合で勝てることを意味しています。しかし、全てを賭けてただ1回の仕掛けをするということは、勝つか、負けるかのどちらかになってしまいます。これでは1度だけの丁半バクチと同じです。すなわち、全ての投資資金を賭けて1回だけしかトレードしないと、損失が生じる比率が高まります。これを避けるために、投資資金を1回に全部投資するのではなく、少額ずつ分けて機会を多くすることがリスク管理となります。ただし少しずつ分けたとしても、全部に儲ける事は大切ではありません。むしろ、全部は勝てないのが実情です。勝負で大切なのは、勝率ではなく、どれほど儲けるかである。勝ち負けが同じでも、また勝率3割でも儲かる時は儲かります。5割以上負けてもマイナスが小さければ、わずかな勝ちの利益で十分儲けられる。そのために不可欠な事は、損失を少なく、利益を大きくを心がけることです。損失が出たら間髪を入れず損切りし、それとは反対に儲けられる状況では出来るだけ大きく儲けることがFX投資をはじめたばかりの方がFX投資で利益を上げる手段です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.hogandbull.com All Rights Reserved.