www.hogandbull.com

「スプレッド」とは外為は通貨を売り買いして収益を生み出す商品です。値段は、いつも上下しています。これが為替相場です。インターネットを見ていると、ドル円やユーロ円の為替レートの情報が流れる時があります。よく見かけるのが、「ただいまのドル円は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。これは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという訳ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを表しています。すなわち、外為取引には買いと売りの値が存在している事を表しています。売値、買値の事を別の言い方で表示しているFX業者もあります。普段は売値が安い価格になっています。買値は高く、売値は低くなっています。この差をスプレッドといいFX会社の収入の一部になっています。スプレッド幅は業者によって変化します。スプレッド幅は経費になるので小さい業者をセレクトするほうが得です。ただ、同じFX業者でも局面によってはスプレッドの狭さは変化します。仮にドルと円のペアで1銭のスプレッドの広さでもマーケットの動きがかなり大きい状態では大きくなったりします。という訳で、スプレッドの幅が狭いのと、変化が小さい事が重要です。現在では変わらないスプレッドの差を表示するFX取引会社も存在しています。現実にFX業者の注文画面内で現実の市場をチェックしなければ評価できないのでやっかいですが大切な事です。大切な投資資金を使って注文をするのだから注文の前に、魅力的に思えた取引会社の新しい口座開設を全部してスプレッドの狭さをチェックしましょう。同じペアでもその時間帯の外国為替市場の状況によって、通貨ペアのスプレッドは変わることがあります。いつもはインターバンク市場で取引高が多いペアではスプレッドの幅が小さく、それ以外のペアでは拡大するのが一般的です。
Copyright © 1999 www.hogandbull.com All Rights Reserved.