www.hogandbull.com

ありふれた初めての方向けの外為の情報では「マイナスになった状況ではナンピン買いで平均の買い付けコストを低くする」等とアドバイスしているが正直それには引っ掛けがあると考えます。まず、ナンピン買いの方法に関して手短に説明します。たとえば、1ドル=100円でドルを買ったとします。$買いのため、円安になればなるほど儲けが出るわけですが逆に95円まで円高が進んでしまった。その状況で持ち続けたとしたら、利益がでるためには損失分、円安ドル高に向う必要があります。誰もが、マイナスはなるべく早く0にしたいと願います。このためはじめに注文したのと同じ額の$(ドル)を、1ドル95円で買います。それで、ポジション全体の買い付け単価は97円50銭まで下げることができますその結果、2.50円の幅で円安ドル高が進むと損を取り戻す事が出来ます。これが、ナンピンの理論です。このように、ナンピンの仕組みを耳にすると、「ごもっとも」という考えになるが外国為替市場はそう簡単には問屋を卸しません。初めから、95円が下値だということなど想像できません。もしも、市場が相当のドル安トレンドだったら、1ドル=95円では止まることなくより一層ドル安になるリスクは高いです。たとえば、97円50銭でナンピン買いを入れたにもかかわらず1ドル95円までドル安に向ったらナンピン買いした分についても差損が生まれることになってしまいます。そういう状態では最初に注文したドルと合計で、ダブルで損失が生じる事になります。この通り、ナンピン買いはややこしいです。それならば、マーケットが自分自身の脚本とは反対の方向にすぐに進んでしまった場合、どんな手法で危険の確率を回避すればいいのでしょうか。こういう時には取るべき選択肢は2つあります。ひとつは覚悟を決めてポジションを諦める事です。別の方法としては、その段階で、自分が保持しているポジションを少なくする事によって、もう一回マーケットが元のようになるのを大人しく待つ事です。後ろ向きな手段だとおっしゃる方もいます。しかし、自分の買いポジションに損が出た時、妥当な方法はそれ以外にはありません。考え方としては、ナンピン買いをする術も有効です。だがしかしナンピン買いは、あなた自身が損失を披っている場面でポジションを減らすどころかそれとは反対にポジションを増やしていく考え方です。この手法では、リスクを避けることなどやりようがない察するべきです。ナンピン買いを続ければ最終的には勝てるかもしれない。だけど、それより先に投資資金はショートしてしまいます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.hogandbull.com All Rights Reserved.