www.hogandbull.com

外国為替市場である外国為替証拠金取引(FX)を、分析していきます。FX(外国為替証拠金取引)では二種類の金を売買することでそれら通貨の差し引いた利益を受け取るといった手順です。このような二つの異なる国の金の間で生み出される差額をスワップ金利と呼んでいます。こういったスワップ金利ですが正確にはスワップポイントといわれているようです。FXのスワップ金利というのは、一日で得られますがしかし、日々の為替の相場の動きによってわからないそうです。こんな風にFXのスワップ金利をもらうことを目的に、外国為替証拠金取引(FX)の為替の取引をする人々もいるみたいです。スワップ金利は、取引するFX業者それぞれに異なってくるのでほんの少しでも高い業者で取引したいと思いますよね。とは言ってもスワップ金利は為替の相場が動くと一緒に動いてしまうので注意しましょう。さらにトレードをやる時は図を読める事が大事になっています。この図表を見る事で、為替取引の流れを読む事が出来ると言います。外国の為替初心者が見た場合何を示している図?などと不思議に思えるのでしょうけど要所を抑えておくことによって図を読み取る事が出来るそうです。いつから日本円が上昇している又は下降しているという風に、今まさに一番円安になるだろうとこのグラフによって判断が出来為替トレードをやる時には非常にためになる情報源となるようです。ここで言うグラフは、日本では一般的にローソク足(陰陽足)が使われるのが普通でその名前の通りローソクの形の図で示されているのです。このローソク足(陰陽足)によって高値か安値、加えて終値とか始値等を表示されており図表においては様々な格好になります。
Copyright © 1999 www.hogandbull.com All Rights Reserved.