www.hogandbull.com

実際にノートパソコンの画面の前で変化している為替相場を見ると、どことなくエントリーをしたくなる衝動に煽られる事も少なくありません。でも、不明瞭な思いで取引することだけは、断じてしてはいけません。ご覧の通り、為替相場は年中、休みなくどこかで外国為替相場が開かれているしマーケットも変化しています。とは言っても、闇雲にエントリーをしていると、その回数だけ損失が生じる率が上がってしまいます。当然の事ながら、注文の数を積み重ねる事で、次第に勝ち負けの確率が半々になっていきます。けれどもこの事は「なんだか分からない直感でトレード」してしまうこととは別の話です。売買回数を増やすという意味は「ここで勝負」と感じた確信を持ったところでの注文回数を積むという事です。何となく、絶え間なく売り買いを重ねるのとははっきりと違う。外国為替市場の勝負にi挑むには、自ずから思案してけじめをつけることが大事だ。「ここはいける」と感じた外国為替市場の時には、いっそ所持ポジションを積み増して徹底的に利益を追求します。「かなり難しい外国為替相場で、どう動くのかわからないな」と思った時は、諦めて売買ポジションをひとつ残さず諦めて静観します。これぐらいのリズムをつけた方が、最後に売買はうまくいくものだ。外国為替市場の名言には「休むも相場」という言葉があります。まさに言葉どおりだと思います。為替とは、常時売買ポジションを持っていることが重要ではなく、どの売買ポジションも保有せずじっと待っている事も場合によっては、取引です。そうであるならば、どういう時に、休めばよいのだろうか。最初に考えられるのが、先述の通り、最近の外国為替市場が今ひとつ理解できない時です。どうなるのか決める事が出来ない時は、間違って判断すると、自分自身で思った筋書きとは逆に為替相場が向ってしまい、損する事になってしまいます。だから、このようなケースではポジションを無くして、何もせずに静観を決め込むのが良い方法です。次に、己の健康状態がすぐれない時。体調と外国為替相場に関係しないと思う方もいるでしょうが実は思いのほか関係があります。体の調子があまりよくなければ、外国為替相場の失敗できない場面で正確な決断ができなくなります。気分が進まない時はFXから離れる事も大切な事です。
Copyright © 1999 www.hogandbull.com All Rights Reserved.