www.hogandbull.com

今日は為替市場のベーシックな理由に関するお話です。為替の市場は「直にお金の送金をしなくても資金の受け渡しの目標を為し遂げるもの」を示します。概ね為替の市場というとおおかた国際の為替について指すという事が多いです。国際の為替を簡潔に説明すると二つの国の通貨の引き換えのことを示します。他国へ旅行(スペイン、中国、タイ、米国)などしたことがあれば、ほとんどの方が国際の為替の経験をしたことがあるはずです。銀行窓口にて旅行先の国の金銭へと換金をするのであれば外国の為替なのです。為替の相場を簡潔に説明すると買う側と売る人の価格を指すものです。銀行の取引によって決まってくるものです。それはマーケットメイカーと言われる指定されたたくさんの銀行なのです。為替の相場は周辺からの働きかけを受けつつも引き続き時間ごとに変わって行きます。為替の相場を変化させて行くきっかけとなるのは、ファンダメンタルズが言われます。ファンダメンタルズの意味とは経済の動き、経済の土台や様々な要因のことを表すものです。国における経済の上昇や景気状態、物価指数、金融政策、経常収支、要人発言などいくつかのものによって為替は変わって行きます。特に貿易収支や失業者の割合は重要と思います。経常収支というのは、日本のいい方ですと財務省からの指示で中央銀行(日本銀行)日本外国貿易統計を使って取りまとめた異国との任意の時期の経済上のやり取りを記したものです。これは行政機関や日本銀行のホームページ等で見られます。就職者の統計、失業者の割合も影響を与えることが多い原因であると言われます。格段米国労働者の統計は重要とされます。月に一回公にされ検証のねらいがワイドなのが特色です。為替の推移は経済の変動そのものです。経済自体の変動を読むことによって為替レートの状況推測が可能になると言えます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.hogandbull.com All Rights Reserved.