www.hogandbull.com

よくある経験の浅い方向けの外為のテキストでは、「損が生まれた場面ではナンピンをして、ポジション全体の価格を小さくする事が出来る」と書かれている事もありますが現実にはここには相当の引っ掛けがあると思います。最初に、ナンピン買いの原理について簡単に説明します。例として1ドル100円でドルを買ったとします。$(ドル)買いなので円安ドル高になれば儲けが大きくなりますが、反対に1ドル=95円までドル安が進んでしまった。このままの状況で所有し続けたら損失が戻るためには円高になった分、ドル高が進まなければなりません。皆さん、赤字は早めに回復したいと考えるでしょう。この状況を乗り切るためはじめに取引したのと同じ分のドルを、買い増しする。そうすると、平均の買い付けコストは1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。すなわち、2.50円の幅で円安が進むと損失を取り戻す事が出来ます。これが、ナンピン買いの方法です。このとおり、ナンピン買いの原理を理解すると「なるほど」と考えたりするが、為替はそう簡単には思うようにはいきません。最初から、95円が下値だということなどなんびとも分かるわけがありません。為替相場がかなり強い円高トレンドだとすると、1ドル95円では止まることなく、一段の円高ドル安に進む確率が高くなります。一例として、1ドル=97.50円でナンピン買いをしたとしても1ドル=95円まで円高ドル安に向ったらナンピンをした分についても、差損が生まれてしまいます。そういう状態では一番初めに注文したドルと同時に倍のマイナスを被ることになります。それゆえ、ナンピン買いは難しいです。それなら、外国為替市場があなたのストーリー展開とは別の方向にさっさと向ってしまった場合どの手段でリスクを管理すればいいのでしょうか。こういう時には選択する術は2つしかありません。まずはじめはあきらめて、損を確定する事です。もうひとりはその時に、自分か保持している買いポジションを少なくして、もう一度為替相場が戻るのを動かないで待機する事です。相当受動的な対策だと思う人もいると思います。しかしながら、買いポジションに為替差損が出た場合一番危険の少ない方法はこれ以上のものはありえません。言うまでも無く、ロジックのうえではナンピンする考え方もありえます。しかしながらナンピン買いは損失を披っているのに、ポジションを減らすどころかそれとは逆に買いポジションを積み増していく考え方です。それでは、リスクを削減することなど、どう頑張ってもやりようがない察するべきです。ナンピンをし続けられれば最終的には勝てるかもしれない。だけど、その前にお金がマイナスになってしまいます。
Copyright © 1999 www.hogandbull.com All Rights Reserved.