www.hogandbull.com

FXについては取引所取引というものがございます。普段のFX業者と商業取引を行うものを「店頭取引」と言いますが、この取引においては取引所を通過させず取引の対象はFX(外国為替証拠金取引)業者になるのです。「取引所取引」というのは外為取引企業はあくまで橋渡し役であって直接の取引パートナーは取引所になります。その相違をここでちょっと比べてみましょう。最初に「店頭取引」の場合は預け入れてあるお金はFX業者に調節されています。片や「取引所取引」の際、こちらの資金は全額取引所に仮納しないといけないと義務づけられているのです。そうすることによりもしかしてFX(外国為替証拠金取引)業者が倒産してしまうことが例えあったとしても、後者は、取引所によって証拠金が総額防衛されることになります。時は外為(FX)会社が管制しているので、場面により業者破綻の悪影響をに及び寄託していた資金は保護されずなのかもという可能性があります。更に税金面からみても両者では基準に相違が存在します。「店頭取引」では、変動利益やスワップポイントなどを雑所得として給与と総額で申請しなければなりません。ものの確定申告しなくても良いケースもある様ですのでわが身に当てはまるのかしないのか確かめるようにをお願いします。もし貴方がサラリーマンで年収二千万円以下、給与所得の範囲を超えた稼ぎが20万円以下(いくつかの事業者から給与所得がなし)といった規定を満たしているということであれば例外という訳で確定申告は必要ありません。FX(外国為替証拠金取引)利益が20万円以上の折は確定申告をしてください。税の割合は実収に反応して5〜40パーセントの6個の段階に分類されていまして収入が高いようであれば税も高騰します。「取引所取引」に関しては、利潤があるのならばその他の稼ぎとは別として「申告分離課税」の的になってしまうのです。税の度合いは全て同じ20%となるんですが仮に損が決まったならば「取引所取引」の益として損分を来年以降に繰越するということが可能です。上記のように、「取引所取引」の方がより低い税になるときも大いにあるので比べてみて考えた方が良いと考えます。特に初心者の人ならば、JASDAQ株価の変化や円の動きにいつも注意して、利益や損金分にスリリングな事によって、税金を支払わなければならないという事柄を忘れ易くなることもありがちです。欠損分は困ってしまいますが、実入りが高騰すれば税金も額が高騰するので注意と認識が大事との事です。
Copyright © 1999 www.hogandbull.com All Rights Reserved.